弁護士 河合弘之

さくら共同法律事務所

お知らせ

  1. トップページお知らせ申入書を電事連と資源エネに提出

自然エネルギー発電の送電線利用促進

2017/12/26

 原自連(原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟:会長/吉原毅 幹事長/河合弘之)は、2017年1226日、電気事業連合会と資源エネルギー庁に、「大手電力事業者に対して、自然エネルギー事業者に対する『空き容量ゼロ』を理由とする系統連系(受電)拒否をやめるよう強力に指導することを求める」申し入れ書を届けました。

 

河合幹事長・弁護士・監督は「新規建設の原発・火力発電など、まだ使っていない予定分の発電を確保するために実際の自然エネルギーの系統連系を拒むという形をとっている。残りの5、6パーセントを自然エネルギー事業者に競争させるなど、推進が妨害されている。実効性のある行政指導をお願いする」と強く要請しました。

申し入れ書:資源エネルギー庁長官宛て全文

 

 

NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171226/k10011271981000.html
東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201712/CK2017122702000138.html

「自然エネルギー」の送電線利用拒否に申し入れ書を提出
OurPlanetTV
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2205

ページトップへ

  • 特記事件
  • 人道支援
  • 脱原発
  • 映画日本と原発
  • 脱原発弁護団全国連絡会
  • 脱原発法制定全国ネットワーク

著書・関連書籍